空に雲、月に影、道に待つコオロギ

君が考える「息子」と、みんなが感じている「おむすび」は、もしかすると全く違うものかもしれない。そんなことを思うと、ちょびっと不思議じゃない?

雲の無い休日の夕方にカクテルを

今更ながら、任天堂DSに依存している。
はじめは、TOEIC対策にもっと英語漬けやターゲットのソフトを購入していただけであった。
だけど、ヨドバシでゲームソフトを選んでいたら他の物についつい見てしまい、無駄に購入してしまう。
ピクロスDSやリズム天国、育成ゲームなどなど。
変わり種で、旅の指さし会話帳もヒットしている。
これだけあれば、移動中などのちょっとした時間にも活用できそうだ。

薄暗い休日の午前はシャワーを
去年の猛暑、クーラーの効いた部屋の中で氷たくさんの飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私はまれに熱中症にかかっていたので、冷やすことが必須だと思いついたから。
乾燥した室内で、カーディガンもなし、さらにレモネードにカルピスとか。
だから、順調だと実感していた暑さ対策。
すると、やってきた冬の時期、例年よりもさらに冷えを感じることが多くなった。
外出する仕事内容が増えたこともあるが、寒くてほとんど部屋から出れないという状況。
なので、たぶん、真夏の生活習慣は寒い時期の冷え対策にもつながると思う。
じゅうぶんにn栄養を摂取し、均等な食生活を心がけるのがベストだと思う。

気持ち良さそうに泳ぐ母さんと花粉症

性能の良いカメラも、実に好きだけれど、また極め付けと言うくらい好きなのがトイカメだ。
4000円あればcheapな物が気軽に所有できるし、SDカードがあればパソコンでもすぐ再現できる。
リアリティーや、奇跡の一瞬をシャッターに収めたいなら、レフが向いていると、思う。
けれども、そこの情緒や季節感を写す時には、トイカメラには他のどれにもかなわないと思う。

喜んで走るあの人とぬるいビール
離れた生家に住んでいるお母さんもかわいい孫の為だといって、とっても豊富にお手製のものを仕立てて送ってくれている。
キティーちゃんがめちゃめちゃ大好きだと言ったら、伝えたキャラクターの生地で、作成してくれたが、裁縫するための布の以外ととても高価で驚倒していた。
生地は縦、横、上下の方向があるので大変らしい。
だけど、しかし、多く、裁縫してくれて、届けてくれた。
小さな孫はものすごく愛らしいのだろう。

控え目に踊るあいつと観光地

銀座の水商売の女性を見ていると、プロ意識が高いなと思う。
それは、しっかり手入れした外見、会話の技術、それらに対する努力。
お客さんに全て勘違いをしてもらわないで、夢を与えているとちらつかせながら、太客になってもらう。
ふと、もしかしてこのお姉さん、俺に本気なのかな?と気にしてもらう。
バランスのとり方が、どんな仕事よりも難しそうだ。
それよりも、私はとにかくホステスの月給が非常に知りたい。

無我夢中で泳ぐ友達とオレ
最近、お腹周りのぶよぶよとした脂肪を減らさないとと考え毎日、筋トレをしている。
自分の娘を自らの体の上にのせて一から数えながら腹筋をしたら、わが子との遊びにもなって、わが子も数字を覚えこむし、私の横腹の脂肪も落ちるし、一石二鳥だと思っていたけれど、はじめのうちは、喜んでいた小さなわが子も飽きてしまった。

無我夢中で歌う兄弟と気の抜けたコーラ

切り絵やフォトなど芸術が結構好きだし、絵もまあまあ上手なのに、写真撮影がとても下手だ。
それでも、過去に一人前に、ペンタックスの一眼を宝物にしていた時もあり、どこに行くときにも絶対持ち歩いたりした。
ビックリするくらい焦点が合わないし、おかしなアングルなので、一眼レフがあきれているようだった。
そう思ったけれど、撮影や加工はやっぱりとても、かっこいいと思っている!

息もつかさず叫ぶ姉ちゃんと観光地
久しぶりの地方への出張の日、初めて仕事で同行したAさんという年配の方は、大きな大先輩だ。
入社時に会った時以降厳粛で、仕事以外での会話はまったくしたことがなかった。
その際、ふとAさんの腕まくりした大柄な腕をみてかなりびっくりした!
一つ一つが大きな天然石ブレスが何連もつけられていたから。
気付いたら、パワーストーン興味があるんですね!と出てしまったほど。
次の瞬間Aさんは得意げに、いきなりやさしい顔で、ひとつひとつの天然石の由来を話してくれた。

怒って熱弁する母さんと濡れたTシャツ

少し前、まだ20歳の時、友達と3人で飛行機で釜山に買い物に向かった。
未経験の国外で、ホテルにしばらくの宿泊だった。
メインを結構見学して、はしゃいでいたけれど、しだいに道に迷った。
日本語は、当然通じないし、英語も少しも通じない。
すると、韓国人のサラリーマンがレベルの高い日本語で戻る方法を伝えてくれた。
大学時代時に大阪に滞在して日本語の勉強をしたとのこと。
それで、安全に、楽しい海外見物を続けることができた。
帰る当日、タクシー乗り場で道を案内してくれたその人になぜか再会した。
「来てくれてありがとう」と言ってくれたので、私はこの国が印象的な国になった。
いつも予定を合わせて韓国観光が計画されている。

寒い週末の夜明けに食事を
職場で話すようになった女の人がいる。
今までに出会ったことのないような方で、トークの内容がどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
保育士免許、クレーン免許、インテリアコーディネイター。
TOEIC800点、総合旅行業務取扱主任者、元スッチー。
公認会計士まで取得していると噂。
さすがにこれを母に話したら、あなたの勘違いだと思う、と言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の専務と結婚し寿退社していった。

メニュー

君が考える「息子」と、みんなが感じている「おむすび」は、もしかすると全く違うものかもしれない。そんなことを思うと、ちょびっと不思議じゃない?

Copyright (c) 2015 空に雲、月に影、道に待つコオロギ All rights reserved.