空に雲、月に影、道に待つコオロギ

人生において、「おかゆ」の意味合いって、どう思う?無関心と言える?「ジントニック」は、君にとってどんな意味があるんだろう。

具合悪そうに話す兄さんと草原

東京都でも江戸の頃から有名な町が、台東区浅草。
最も知名度の高い寺が浅草の観音様だ。
そこそこ近頃、浅草寺へご参拝に行ってきた。
ごく稀に行く都内浅草。
改めて、自分自身の目でちゃんと確認して理解したのが、外国人のお客様がたくさんいること。
各国からお客様が集まってくるここ浅草だけど、以前よりどう見ても多くなっている。
それは世界一の電波塔、スカイツリー完成の関係もあるだろう。
近隣からは、新東京国際空港ハブ化に伴って便が良くなったという事から、プラス、ヨーロッパ方面やアメリカ方面は、着物や和装小物に魅力を感じ来ているツアー客が多数だろう。
とにもかくにも、この先の未来も多くの外国人観光客が来ることを想像した。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私はというと、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん購入して、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な本堂が見えてきた。
この屋根の瓦はチタン瓦を採用して、工事を行ったそう。
本堂の観音様に日々の健康に感謝ししっかり手を合わせてきた。
頑張りがこれからの未来で実りますように。

気分良く跳ねる友人と霧
出張業務に出ると、1週間ほど泊まり込むこともある。
非常に、やる気はありだけれど、凄く気を張っているので、毎日2時間睡眠。
起床時間のずいぶん前に、目が覚めてしまう。
大変だけれど、家に帰ってきたときの自由な感じは最高だ。
思いっきり遊んでしまうし、寝れるし、しっかり食事をとる。

騒がしく体操するあいつと壊れた自動販売機

集団検診は、毎回どこかしら引っかかる。
心音だったり、数値だったり、胃だったり。
胃の検査をバリウムを一杯飲んで受けてみて、検査結果を受け取ると、胃がんの疑わしさがあるので、いち早く、再検査を下記の病院にて受けてください。
と書いてあったのには、あせった。
あせったというより、むしろ心ぼそかった。
すぐさま病院に胃の再検査に行ったら、ただの胃炎だった。
胃は以前から苦痛があったので、健康診断に引っ掛かったのはわかるが、文言で私の名前とがんの疑念が存在すると書き記してあったら不安だった。

薄暗い週末の午後は昔を思い出す
個々で、嗜好や好みが存在すると思っているけれど、どんな感じか聞くのが好き。
仲の良い子に質問してみると、まとまったお金、良い生地の洋服、母のことが好きで仕方ないとの事。
プラス、男の人の血管の浮いた手。
それにロシア語のひびき。
自分には理解できない。
リンゴ飴、素肌の上に薄手のニット、女っぽい香水、声の低い女性が好きだと、話してみた。
なかなか理解できないとの事だった。
まさにこれは、フェチという分野らしい。

薄暗い火曜の午前に読書を

向かいのご主人が近頃朝から釣りに行ったらしいが、ちょっとしか釣れなかったらしい。
小魚がたくさんで、チヌ釣りがしにくかったらしい。
だけど、しかしイノコの40cmオーバーがあげれたらしいから、いいなと思う。
いつだったか、わけてもらって新鮮なうちに食したが非常においしく印象に残っている。
大物でおいしい魚があがったと聞いたら早く行きたくなるが、また今度だ。

雪の降る仏滅の晩に外へ
煙草は脳に害がある。
と言ったことは、指摘されても買ってしまうものらしい。
正社員として働いていた時代、お客さんとして紹介された建設会社の専務の年配の方。
「身体が病気一つしないのは煙とワインのおかげです!」と堂々と言っていた。
これくらい言われると、無駄な禁煙はしなくてもいいのかもしれないと感じる。

無我夢中で叫ぶ父さんとわたし

子供の4歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントを何に決めようかを悩んでいる。
嫁と話して、体で遊ぶおもちゃかためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決定しようとしている。
考えるがなかなか決められないので、実際に見に行って選ぶことにしたけど、ピンとくるものがない。
だけれど、こどもに見せてみたら、以外と簡単に決めることができた。
すべり台に夢中になったから、それに決めた。
ただ、家が狭いので、小さめのコンパクトなやつに話して決めた。
販売価格が、わりと安かったので、助かった。

涼しい平日の早朝にシャワーを
学生時代の友人とお昼時に計画していた。
福岡のいつも通りの大きなテレビの前。
携帯を見ると、30分くらい待たせることになるとメールが入った。
大きいテレビの前は合流地点なので、人々はどんどん去っていく。
ウォークマンでミュージックを聴きつつ、それを見ていた。
でもあまりにも退屈なのでたまに行く喫茶店に入って、コーヒーを飲んでいた。
それから、同級生が待たせてごめんね!と言いながらきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタがいいかもと言った。
ホットペッパーを見てみたけれど、どこが良いのか探しきれなかった。

雲が多い水曜の早朝は椅子に座る

私の仕事の関係で、日光市へ向かうことが凄く多かった。
北関東に位置する日光市は栃木県にあって、海なし県で、多くの山々に囲まれている。
もちろん、冬が来ると雪景色になり、除雪車やチェーンが必須になる。
紅葉が始まると、東北自動車道を使って2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日というスタイルがとても多く、テレビなどのメディアで日光が登場すると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は行ってほしい場所だ。
少し述べさせてもらうと、ツーリストたちのメインは日光東照宮。
あの有名な家康の墓があるところで、中の厳かな様子に驚かされる。
それから、山の奥にある日光の湯元温泉
硫黄泉で、白く、高温の湯。
この温泉に入ると冷え症が完治するのではないかと思う。
日光東照宮が建てられたときには、湯元温泉のお湯を目指して湯治客が集まったと言う。
様子は想像可能な歴史的な町が日光。
旅館やホテルの紹介も兼ねて、ガイド本に多く載っている栃木県に、また行きたいと考える。

風の無い大安の午後は食事を
夏期なのでイベントがたいそうたくさんで、このところ、晩にも人通り、車の通行が非常にたくさんだ。
農村の奥まった場所なので、通常は、晩、人の通行も車の行き来もそれほどないが、打ち上げ花火やとうろうなどがされていて、人通りや車の往来がたいそう多い。
日常ののんびりとした夜更けが妨げられていくぶん騒々しいことが残念だが、ふだん、活況が僅少な農村がにぎやかさがでているように見えるのもまあいいのではないか。
近所は、街灯も存在しなくて、小暗いのだが、人の往来、車の行き来があって、活気があると明るく思える。

メニュー

人生において、「おかゆ」の意味合いって、どう思う?無関心と言える?「ジントニック」は、君にとってどんな意味があるんだろう。

Copyright (c) 2015 空に雲、月に影、道に待つコオロギ All rights reserved.